プロミスなら最寄りの駅周辺で即日融資も可能!

カードローンやキャッシングの金利

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

キャッシングやカードローンを利用して融資を受けた場合は、利息を負担する必要があります。お金を貸す側にとっては、貸したお金をそのまま返してもらっても何の得にもなりませんので、金利を設定して利益を上げることが必要です。

金利は融資を行う側が自由に設定することが出来ます。しかし利息制限法によって上限金利が設定されていますので、その範囲内で金利を設定することが必要です。利息制限法による上限金利は融資額によって異なり、融資額が10万円未満の場合は20%で、融資額が10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円以上の融資額になりますと上限金利は15%になります。

このように法律によって上限金利が設定されていますが、以前は多くの消費者金融がこの上限金利を超える金利を消費者に適用していました。一定の要件を満たせば、利息制限法の上限金利を超えた金利を採用しても良いとするみなし弁済規定があった為です。しかし利息制限法の上限金利を超えた金利は違法との判決が最高裁によって下され法改正も行われましたので、現在ではこのような所謂グレーゾーン金利を課せられることはありません。

グレーゾーン金利の撤廃によって消費者金融のキャッシングやカードローンの金利も以前よりは低くなりましたが、それでも依然として銀行や信用金庫のカードローンの金利の方が低くて有利です。ただし消費者金融の中には無利息期間サービスを提供している業者もありますので、上手く利用すれば消費者金融で融資を受ける方が金利負担を抑えることが出来ます。

リスト 自動契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ

キャッシングを申し込む際は比較を

1年あれば、人によっては収入が多い時期や大きな出費をする時期があります。 事前に大きな出費を予定していれば、それに向けて徐々にお金を貯めるという事は可能です。 しかし、人によっては貯蓄をする事が難しかったり、急な出費の予定もあります。 そのような時には、キャッシングを利用するという考えの人も多いです。

しかし、キャッシングをするとなれば必ず利息というものが付いてきます。 出来る限り早く返済をしたいと考える人も多いですが、元々の利息が高い所にキャッシングの依頼をしてしまったという人もいます。 そのようにならない為には、じっくりと調べてから借り入れをする事が一番です。

しかし、お金を借り入れる場合には、働いていてなかなか比較をする時間が無い方が多いです。 そこで大切なのが、インターネットを有効活用する事です。 インターネットには様々な情報が掲載されており、その中にはキャッシングについての情報も掲載されています。

また、企業であればホームページはありますので、そこに利息などの情報が掲載しております。 キャッシングを行う業者もホームページに借り入れの条件や、利息などの情報も記載されています。 その為、比較をしていれば借り入れをしてから後悔をしたり、自分が想定していた金利よりも高かったという事も防ぐ事が出来ます。 最終的には、借り入れをする方の返済計画次第にはなりますが、大きなお金を借り入れしなければならない方には比較をしてより金利が安い所を選ぶ必要があります。

初心者に最適なキャッシングとは

初めてキャッシングを利用する人と、何度かキャッシングの使い方を知った人が利用するキャッシングは、若干特性が異なります。 何度も使って慣れている方の場合には、キャッシングと自分の生活との関係性をつかめていることが多いため、だんだんと上手に使えるようになっていきます。 そのため、慣れている方は年利や手数料の部分を中心に他のキャッシング会社を選んで、年間の支払いの金額を押さえようという感じになります。

ただ、それは慣れているからで、最初の頃はお金を借りるということだけで精一杯になることがほとんどですから、細かいサービスの部分には注目できないということがほとんどです。 ですから、初心者の方の場合には見たことや聞いたことがあるキャッシング会社を選ぶというのが一番です。多くの人が使っているキャッシング会社の場合は大きなトラブルになることはありませんから、安心できる一般的なキャッシング会社を選ぶと良いでしょう。

使い方の頻度によってはATMの手数料にこだわる必要がなかったり、ネットでの融資が充実しているようなキャッシング会社の方が便利だったりと、 徐々に自分が求めているサービス内容を見つけることで次の会社の選択の幅が広がっていきますから、初心者の方はベーシックな所を選ぶのが無難です。

↑ PAGE TOP